第11期3回(益気功)の講習会が盛大(参加者58名)に終わりました。
益気功は呼吸健康体操の典型的な動作のために、参加者全員が心の癒しを感じて精神的な健康づくりを体験しました。
そして第12期1回(前段)の参加を予定して再会を誓いました。九州の延岡からの参加者も見られ、中国上海の練功動作の全国的な普及と発展が期待されます。
2009年
<2月20・21日 第11期3回目普及指導員講習会(益気功)終了> 
2008年
<11月22日 第3回六調健康づくり祭り盛大に開かれた


六調健康づくりのフェステバルが川崎市産業振興会館において開催された。
参加者は200名以上に達し、ホール一杯が満席となり、にぎやかに終了した。
午前中は日本全国の各地域の練功教室の受講生が日頃の練習効果を披露した。午後には、練功以外の6種類の出し物が表演された。すべてが積極的な健康志向の態度と介護予防の姿勢が強く見られた。
午後1時からは「医食同源」の講話があり、大好評であった。
出場者と参加者が一体となって、総合表演を楽しみながら健康づくり祭りを盛り上げた。次回は平成21年11月14日(土)に同会場にて開く予定です。さらに多くの参加者を募っています。
2009年
<4月24・25日 第12期1回目普及指導員講習会(前段)終了>  
第12期1回(前段)の講習会が盛大に(参加者68名)和やかな雰囲気で終わりました。初心者の方々が熱心で、講師の先生方もたじたじでした。練功十八法が健康体操と要介護予防体操としての位置が確保されようとしています。
次回の2回目(6月12日と13日)の再開を誓いました。


2009年<2月28日に理事会が開かれる>
理事の変更、役割分担の明確化、教材の販売促進そして組織・名称の改変など。
参加者が50名を超えて、近来まれにみる盛況でした。練功後段動作の習得とその効果について、すばらしい結果が出たと思えます。
講師の先生方のすばらしい指導法と共に呼吸体操の体験とその有効性が実現でき、参加者の満足を得ることが出来たようです。協会も練功動作を着実にゆっくりと普及していく覚悟です。次回8月の出会いと益気功での勉強を誓い、再会を期して散会しました。
  
2009年
<6月12・13日 第12期2回目普及指導員講習会(後段)終了>  

移動先をクリックしてください


2008年
<12月12・13日 第11期2回目普及指導員講習会(後段)終了>  


11期2回の講習・研修会が大田文化の森多目的室において開催された。
参加者は45名以上に達し、にぎやかに楽しく終了した。
後段の動作が練習され、積極的な健康志向の態度と介護予防のための応用が強く見られた。13日の3時からは「腹式呼吸」の講話があり、大好評であった。

NO.7