(3)
 練功十八法が非物質文化遺産に登録
「練功18法」が上海市の非物質文化遺産リストに登録され、荘建申先生が代表性の伝承人に選ばれました。さらに上海市練功十八法協会が、中国社会組織評価等級のAAA級に認定されました。北京の政府からも同様に認定される予定です。

(4) 組  織(当普及センターに関連する方々のみ記載)

上海市練功十八法協会

 名誉主席




 主 席



 名 誉 委 員

荘  元明




荘  建申



池内 正人

練功十八法 創編者
中医推拿骨傷科
(中国医師)
副主任医師

練功十八法 総教練
国家級社会体育指導員
主管薬師

上海市練功十八法協会 認定教練員  
     〃          〃 栄誉教練員
日本練功十八法普及センター 理事長

                  荘 建申先生   荘 元明老師

※組織が変更され、役員の名称が変わりました。

(2)

上海市練功十八法協会へ近況訪問と日本版翻訳製本の販売権締結
2005年3月6日(日曜日)、当普及センター池内理事長が、練功十八法の創編者 荘  元明老師および総教練 荘 建申先生を、半年振りに訪問しました。
荘 元明老師は、現在87歳の高齢でいらっしゃいますが、今でも毎日3回、練功十八法を行っており、鍛錬されておられます。
近況について、池内理事長は、日本練功十八法普及センターの最近の活動状況を詳しく説明し、積極的に活動していることを話した際、荘 元明老師および荘 建申先生から、日本練功十八法普及センターが、日本国内で練功十八法を活発に普及活動していることに対し、感謝の意を表され、これからも、ますます普及活動に尽力し、普及活動の規模を拡大してくれるよう希望しているとのお言葉をいただきました。

 当日、練功十八法(前段・後段)、練功十八法続集(益気功)の日本語バージョン製本の出版について、話し合い、日本国内の出版についての許可をいただき、老師および先生のお二人より、本の出版に向かってお互いに努力していくことを約束し、日本国内での出版について、正式調印を行いました。池内理事長の希望が叶って、上海訪問の目的が達せられた瞬間です。

これで、初回は練功十八法の音像商品に係わる販売権を契約し、今回、製本に係わる販売権を契約したことにより、音、映像、練功読本の日本語版制作および販売権を得たことになり、正式な練功十八法を国内で普及するためのすべての権利を有することになりました。
  


ほかの話題にも触れ、老師および先生のお二人より、今後の練功十八法の国際交流活動に関して話してくれました。今年後半の主要目標は、インドでの普及活動を行っていくとのことで、インドの関係者と連携をとってホームページを開くことから始まり、インド政府からの支援も得て、普及活動を拡大していくそうです。

上海の有名レストランで、池内理事長主催による昼食会を、荘 元明老師および荘 建申先生のご一家をお招きして行われ、なごやかな雰囲気の中で、お互いの健康を祝し合いました。
 


(1) 上海市練功十八法協会は、中国並びに世界各国の普及活動の拠点になっています。

上海練功十八法の最新情報をお知らせします。
ご参考にしてください。

 1.中国国内
   上海市全民健身活動に参加する。
 2.2010年に練功十八法が上海市非物質文化遺産に登録され、荘建申先生が練功十八法の  代表性伝承人に選ばれた。

 3.海外
  @ブラジル関係
   30人ほどのブラジル訪問団が上海を訪問しました。
   主な目的は、練功十八法を勉強することです。

  Aインド関係
   A.英文(イギリス式)版練功十八法の本を発行する予定。
   B.8月に、インド練功十八法訪問団が上海を訪問する予定。
    インドに国際的なHP(練功十八法に関連)を作成する。
    練功十八法が、インドの首都(ニューデリー)で有名な教授に検証され、
    これから本格的にインドで普及活動を行う予定。
    場合によって、荘先生が10月インドを訪問する。