「六調健康づくり」の薦め

 

 日本は、世界に冠たる長命国になっていますが、健康な長寿国ではありません。

唯、長く生きていればいいという「長命」と、健康で充実した生活が送られる「長寿」とは全く違います。我々の願いは、毎日を、健康で、楽しく、幸せに過ごし、そして天寿を全うすることです。そのお手伝いをさせて頂くのが、当協会の使命でもあります。

健康法については、毎日のように、新聞、雑誌、テレビ、単行本その他で採り上げられていますが、あくまで、断片的であり、継続的なフォローがありません。

当協会は、当初、健康づくりに最適な「練功十八法」の普及活動を中心に展開して参りましたが「日本健康づくり協会」と名称も新たに変えて、健康全般に亘って、事業の展開を始めました。そして総合的な健康法として、分かりやすくするために「六調健康づくり」と名付けました。

東洋では、起源が五千年前と言われるヨーガから始まって、各種の健康法が生まれました。それらを基に、長い歴史により、育まれ、磨きあげられたのが六調を基本とする総合的な健康法です。これを基本として、永田 晟博士の指導の下に今回編集執筆されたのが「六調健康づくり」の出版物です。

「調身」「調心」「調息」に最適な練功十八法の普及活動に加え、今後とも新しい健康づくりの方法として、「調膳」「調徳」「調眠」を加えて、総合的に展開する所存です。

今後とも皆様のご支援の程、よろしくお願い申しあげます。

六調健康づくりの内容
      調身:(体を整える)

  調心:(安らかな気持ち)

  調息:(吐くに留意した呼吸)


  調膳:(バランスの取れた正しい食生活)

  調眠:(充分な睡眠)

 
調徳:(社会との健全な係わり合い)


六つの項目の、バランスの良い総合的な健康づくりの実践が大切です。
さらに、これら六つの項目は、相互に影響し合う関係にあります。




上海市練功十八法協会主席 庄元明老師
主席 庄建申先生のご挨拶


「練功十八法」日本語版DVD・CD・掛図出版について

中国語挨拶とサイン

 日本の練功十八法愛好家が、「練功十八法」を学習・練習するために必要な、「練功十八法」の日本語版が完成したことにつきまして、私共がもつ版権権利を使用許可したことで、そのオリジナル「練功十八法」音像製品と新しい掛図に基づいて、日本練功十八法普及センターが、日本語版「練功十八法」ビデオテープ・カセットテープ及び新しい掛図を出版することになりましたことを心からお祝い申し上げます。

  私共は、日本語版「練功十八法」教材の出版に伴い、練功十八法愛好家が、直接学習することにより、さらに正確な動作、練習要点をマスターすることができる便利さが増し、練功レベルをアップすることと、練習効果が半分の力で倍の成果を上げることができることを信じています。

そして日本の皆様は、日本語版「練功十八法」教材の使用効果で、きっとお喜びになられることでしょう。



本協会ののホームページ開設について

中国語挨拶とサイン

日本練功十八法普及センターが、インターネットにホームページを開設されたことを大変喜んでおります。貴普及センターの開設を心よりお祝い申し上げます。

情報化時代の迅速発展に伴い、情報伝達の便利さが人々に益々注目されています。
「練功十八法」ネットの開始は、丁度皆様が健康方面に関する情報を欲しがっている時勢と合致します。

貴普及センターのホームページが日本国民の皆様に、正しく、科学的に、「練功十八法」を総合紹介することを希望しております。また同時に、練功十八法愛好家に対し、練習する機会と教材を購入する便利さを提供して欲しいと希望します。

 「練功十八法」ネットの良い運営、そして日本国民の皆様の、健康の友になりますようお祈りいたします。